教育目標

1.本校の教育目標

校訓である「自分から進んで みんなで助け合い 最後までやりとげる子」の育成のもと、生きる力を支える「健やかな体」「豊かな心」「確かな学力」の調和のとれた児童の育成を図る。また、その具現化のために、児童には「つ・に・し」の文字を生かした次のような学校生活の目標を示して意識を高めさせ、職員はこれらの目標を念頭においた教育活動を推進する。

2.本校の教育目標

つ:強い心と体をつくろう(健康な体)
に:にこにこ笑顔で仲良くしよう(豊かな心)
し:しっかり学んで力をつけよう(確かな学力)

3.経営方針

学力向上・・・・・基礎・基本の学力と、自分の考えや思いをもち、主体的に学び合う力を身に付け、確かな学力を育てる。
体力向上・・・・・強い心と体をつくるため、目標に向かって努力することの大切さを意識させ、体力の向上を図る。
優しい心の育成・・高学年が低学年に優しくする気持ちや態度を示し、自他を思いやる優しい心を育てる。

4.本年度の重点努力目標

① 分かる授業の研究・構築
・学習起立や学級のルールを定め、落ち着いた学習環境を整え、ユニバーサルデザインを根幹とする学習指導の充実を図る。
・全職員が一人一実践に取り組み、授業力・教師力の力量向上を図る。
② SKIPによる体力向上
・体育授業時における体つくり運動や、走・跳の運動(マラソン・なわとびなど)を年間を通じ、継続して取り組ませることにより、健康の保持増進や体力の向上を図る。
③ 高学年のリーダーシップ力の育成
・異学年交流や委員会、縦割り活動等、児童が活躍できる場面を多く設定し、リーダー的立場を自覚させ、自己有用感を高める活動に取り組む。
④ 特別な教科「道徳」の授業における西小スタンダードの確立
・道徳推進教師を中心に、全学年がカリキュラムマネジメントを意識した道徳の授業を展開し、西小スタンダードの確立を目指す。
⑤ 家庭・地域との連携推進
・ホームページの内容を充実させ、毎日更新し、公開することにより、学校の教育活動を積極的に発信していく。
・地域学校協働活動を大切にし、具体的な活動(おはなしパンダ/読み聞かせ、西コミュニティー  ウォークラリー、ちびっこ集合など)を広げていく。
⑥特別支援教育への関わり
・特別な支援を必要とする児童や特別支援学級の児童が、安心して笑顔で過ごせる居場所をつくり、全教職員で積極的に関わっていく。
⑦ チームつにしを意識した教職員集団
・子どものことを第一に考え、教職員同士がつながったり、支え合ったりできる風通しのよい職員関係を築く。

 

 

5.学校グランドデザイン

 

完成 グランドデザイン